ネットショップの集客、はじめ方、ブランディング等

キーワードプランナーなどのツールを使ってキーワードを探すコツ

橘伸季
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
橘伸季
広告やモールに頼らないネットショップ集客・販売の専門家。 観葉植物通販グリーンマイルのウェブマスター。 株式会社グリーンエージェント 代表取締役。 趣味は旅行、花や緑など自然散策。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、逆転のEC戦略の橘です。

「ネットショップ(EC)の集客には、キーワード選定が大切!」

EC経験者なら、何度も耳にした言葉だと思います。

でも・・・「キーワードの選び方が分からな~い!!」
なんて声もチラホラお聞きします。

そこで今回はECの集客に欠かせないキーワードの探し方のコツをお教えします。

商品から探す

まず一番簡単なのは商品から。

今回も「観葉植物」を例に取りますね。

私がキーワードを探す際に利用するツールは、「キーワードプランナー」と「関連語キーワード取得ツール」の2つ。

「キーワードプランナー」は、観葉植物と関連する様々な新しいキーワードを探したり、キーワードの検索ボリュームを調べたりできるツール。
思いもよらないワードが見つかることもよくあります。

「関連語キーワード取得ツール」は、検索ワードに絡めた2語キーワードを探すことができるツール。

ちなみに2語キーワードとは、その名の通り2語の組み合わせで出来てるキーワード。

例えば「ブログ」は1語キーワードで、「ブログ 集客」は、2語キーワードになります。
「ケーキ」は1語キーワードで、「ケーキ 宅配」は、2語キーワードになります。

では、実際にキーワードをそれぞれのツールを使って探してみましょう!

関連語キーワード取得ツールを使う

まずは「関連語キーワード取得ツール」で、検索ワードに絡めた2語キーワードを探してみましょう。

関連語キーワード取得ツールへアクセスします
https://www.related-keywords.com/


①に検索したいキーワードを入れ②の「取得開始」をクリックします

すると・・・こんな感じで実際に検索された「観葉植物」を含む2語キーワードがズラズラと表示されます。


全部で773キーワードあります。

右上にある「全キーワードリスト(重複除去)」をコピーしてメモ帳などに貼り付けて、自分のサイトに使えそうなキーワードを一つずつ拾っていきます。

それで、「いくつほど拾えば良いの??」

なんて問合せをいただくことがあります。

答は・・・「あるだけ全て」

ですが、まずは売り上げに直結しそうな、あなたのお店にとって大切と思われるワードから拾いましょう。

キーワードプランナーを使う

キーワードプランナーとは?
キーワードプランナーは、Googleが提供しているツールです。

本来はGoogleの広告「Google AdWords」利用者用のキーワードリサーチ用のツールですが、広告を利用していなくても無料で使えます。

広告を利用していない場合は、使用制限がありますが、それでも十分です。

尚、利用するにはGoogleアカウント(Gmailのアカウント)の登録とGoogle 広告のアカウント作成の必要があります。

キーワードプランナーへアクセスします
こちら⇒

登録がまだの方は、まず登録からお願いします。


右上のログインから入ります。

するとこのような画面に

今回は左の「新しいキーワードを見つける」を使うので、そちらをクリック。

画面が変わります

調べたいキーワードを入れ、結果を表示をクリック。

キーワードプランナーの検索結果です

左にキーワード、右に月間検索ボリュームが表示されます。

キーワードプランナーの特長の1つめがこの月間検索ボリュームが表示されること

月間検索ボリュームとは?
月間平均検索ボリュームというのは、1か月あたりにそのキーワードが検索される回数の平均値。

そのキーワードがどれだけ検索されているのかが分かる数字です。

当然多ければたくさん検索される需要あるキーワード、少ない場合は検索されない需要のないキーワードってことになります。

検索ボリュームは
・10~100 が一番少なく
・100~1000
・1000~1万
・1万~10万
・10万~100万 と増えていきます

10万~100万って結構アバウトな数ですよね。
10万と100万ではかなりの開きが・・・。

もっと詳しい数字が知りたい場合は、Google広告の「Google AdWords」を利用すれば見られますが、私個人的には、このザックリ数値でキーワード選定には問題ないと思っています。

私は以下のボリュームをメインにキーワード選定しています。
・100~1000
・1000~1万
・1万~10万

「10~100」ではボリュームが少なすぎますし、10万以上のキーワードはライバルも多く、また検索意図が曖昧なものが多いので避けています。

キーワードプランナーもう1つの特長は、検索キーワードが含まれない言葉も表示されること

先ほど紹介した「関連語キーワード取得ツール」では、入力したキーワードからの2語キーワードしか調べられません。

しかしキーワードプランナーの場合、検索キーワードを含まれない言葉で何が需要があるかが分かります。

例えば、先ほどのキーワードプランナーの検索結果の画像に戻っていただきますと

「観葉植物」と検索したのにキーワード候補の2行目に「エバーフレッシュ」と表示されてます。
一番下の方には「アルテシマ」と。

エバーフレッシュ?
アルテシマ?

「??」ですよね。

実はこれどちらも観葉植物の品種名なんです。

ということは、この2品種が数ある観葉植物の中でも需要のあるキーワードってことが分かりますよね。

「エバーフレッシュ」「アルテシマ」についての記事は人気があるということ。

なんなら「エバーフレッシュ」「アルテシマ」を再度キーワードプランナーで調べるとさらにキーワードが広がるかもしれません。

と、こんな風にまずは商品名から、それぞれのツールを使ってキーワードを調べるのが最も簡単で基本的な方法です。

用途から探す

「商品名からキーワードを一通り拾った」とか
「あまり認知されていない商品なので商品名からキーワードが選定できない」

そんな場合は、その商品(サービス)の用途から広げてみましょう。

あなたがお客様としたいターゲットに、あなたの商品(サービス)を何に使ってもらいたいですか?

・インテリア?
・癒し?
・プレゼント?
・ストレス解消?
・ご褒美?
・たまの贅沢?
・手土産?

などなど・・・。

あなたの商品(サービス)の使用用途(お客様の使い道)を出来るだけたくさんピックアップし、その言葉をキーワードプランナーなどのツールに入れて広げてみましょう。

例えば用途がインテリアだっととします。

インテリアでキーワードプランナーに入れると「一人暮らしインテリア」「玄関インテリア」「和室インテリア」など、インテリアに関するワードがたくさん出てきます。

それらキーワードとあなたの商品(サービス)を絡めたページが作れないか考えてみましょう。

用途は当然1つに限らず、色々な角度から探してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
橘伸季
広告やモールに頼らないネットショップ集客・販売の専門家。 観葉植物通販グリーンマイルのウェブマスター。 株式会社グリーンエージェント 代表取締役。 趣味は旅行、花や緑など自然散策。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 逆転のEC戦略 , 2019 All Rights Reserved.